〇〇話ちゃんねる

○○な話、動画、情報などを紹介します。

*

『座席番号16Cのパパへ』自閉症の娘とフライトした母が、見知らぬ男性へ向けた感謝のメッセージ

   

スポンサーリンク

 

 

小さい子供を連れての長距離移動。
それが新幹線や飛行機など、1度搭乗するとなかなか外に出られなくなってしまう乗り物であれば、保護者の緊張は搭乗から目的地へ到着するまで、なかなか緩むことはありません。

「周囲に迷惑をかけないようにしなきゃ」
「どうか、子供が目的地までおとなしくしていてくれますように・・・」

たとえ言葉にしなくとも、多くの保護者は心の中で呪文のように、このような言葉をブツブツとつぶやくのかもしれませんね。

今日ご紹介するのは、Facebookに投稿された“1850便、座席番号16Cのパパへ”という、あるメッセージです。
このメッセージは、“1850便、座席番号16C”に搭乗した、とある男性へ向けられたものだったのですが、その男性はなぜ“パパ”なのでしょうか?

 

自閉症の娘と2時間半のフライト

1zasekibangou16cnopapahe

 

その日、3歳の娘・ケイトちゃんを連れて飛行機に搭乗したシャネルさん。
シャネルさんも他の多くの小さい子を持つ親と同じように、もしくはそれ以上にフライト中にケイトちゃんが騒いだり、周りに迷惑をかけてしまわないか心配していました。

なぜなら、ケイトちゃんは自閉症児

フロリダからフィラデルフィア経由の飛行機の搭乗時間は2時間半。

普通は「たった2時間半」と思うほど短い時間かもしれませんが、
思わぬことが大きなトラウマになってしまうかもしれない自閉症児にとっては、その2時間半はとても長い時間だったりするのです。

 

スポンサード リンク

 

 

そして、飛行機の中という非日常の環境に置かれたケイトちゃんが、どのようなパニックを起こしてしまうのかは母親のシャネルさんですら万全の予測は難しく、搭乗前からひどく緊張していたそうです。

そして、シャネルさんは

どうか、隣に座る乗客が優しい人、もしくは我慢強い人でありますように!!!

そんな願いを心に秘めて、緊張の空の旅に出発したのでした。

そして、シャネルさん親子の横に座った乗客は、書類カバンをもったビジネスマンでした。
彼は離陸後すぐにカバンから書類を取り出し仕事を始めたそうです。

シャネルさんは、その書類やカバンをケイトちゃんが汚してしまわないか、破ったりしてしまわないか心配で気が気じゃありません
そんな母の心配をよそに、なんとケイトちゃんは仕事中の男性に対して

ねぇ!パパ!!
私と遊んで!!

もちろん、その男性はケイトちゃんのパパではありません。
しかし、ケイトちゃんのマシンガントークは止まりません!

パパ!パパ!とその男性にひっきりなしに話しかけます。

・・・もし、筆者がケイトちゃんのママなら、信じられない状況に失神するか、終始その男性に謝り倒して座席を変えてもらうかもしれません・・・

見知らぬ幼い女の子に“パパ”と呼ばれたその男性は、このあとどういう行動をとったのでしょうか?

 

↓↓続きはPAGE 2へ↓↓

スポンサード リンク

PAGE 1 PAGE 2

おすすめ記事(広告を含む)

 - イイハナシダー, 体験話, 感動

  関連記事

「親と赤ちゃんの関係を恋人関係に置き換えたら」育児の大変さが未経験者でもよく分かると話題に!

スポンサーリンク     親と赤ちゃんの関係を恋人関係に置き …

座布団あげたい!笑える絶妙なネーミングセンス8選

スポンサーリンク   ▼1 ロッテいい加減にしろ pic.twitte …

抜群のセンスで笑いをくれるみんなのジョーク8選

スポンサーリンク   ▼1 老人ホームでお話しした品の良いおばあちゃま …

14歳の少女が家を購入…家の中を覗いた両親は信じられない光景を目の当たりにする!

スポンサーリンク   アメリカに暮らす14歳の少女、ウィロー・トゥファ …

夫「なあ猫」 猫「…」 夫「俺な、実はな…」 猫「……」 夫「嫁のことすげー好きなんだよ…」 猫「……」 嫁「……」

スポンサーリンク     嫁は猫と仲良くて、よく話しかける。 …

『 躾 』

スポンサーリンク スポンサード リンク

ある居酒屋が、聴覚に障がいを持っている客に対して行った最上級のおもてなしが称賛される

スポンサーリンク     居酒屋に予約を入れようと電話をした …

恋愛の難しさを感じた瞬間 9選

スポンサーリンク   ▼1 「1年付き合った彼氏と別れて3ヶ月になりま …

産科医『赤ちゃんは危険な状態です。救急車で大学病院に行って!』→前のミニバンが道を譲ってくれない!→すると、救急隊員が・・・

スポンサーリンク   昨日、第二子である男の子が帝王切開で生まれた。 …

ペットと飼い主の間で起きたほっこりエピソード7選

スポンサーリンク   ▼1 猫を去勢の入院から迎えに行ったら、凄いロン …