〇〇話ちゃんねる

○○な話、動画、情報などを紹介します。

*

卵の膜を使い、燃料電池の価格を55分の1に!女子高専生の研究が世界中から注目される!

   

スポンサーリンク

 

捨てられていた卵の膜を使って、燃料電池のコストダウンに成功しました。

この実験に成功したのは、「国立米子工業高等専門学校」に通う4年生の前田千澄さんと3年生の山村萌衣さんです。

 

1dentitamagokarade

出典:twitter

現役の学生である2人は、生物化学について探究するクラブ活動「B&C研究同好会」に参加しています。
そんな彼女らが、燃料電池のコストを55分の1にまで抑えたといいます。

 

卵殻膜を使い燃料電池のコストを大幅削減

卵の内皮である「卵殻膜(らんかくまく)」と燃料電池を組み合わせる研究を行っていた2人。
その研究は、同好会の先輩から受け継いだものだといいます。

燃料電池は、酸素と水素の化学反応で発電する仕組みで、二酸化炭素を出さないエネルギー源として大きな注目を浴びています。

2dentitamagokarade

出典:twitter

スポンサード リンク

 

この発電には絶縁体のような性質を持つ膜「電解質膜」というものが必要なのですが、彼女らはそれをタマネギやサツマイモなど天然の物質で発電できないか試していました。

そしてついに、卵殻膜に塩化白金酸溶液を染み込ませることで、「電解質膜」の代わりとなり得ることを発見しました。

3dentitamagokarade

出典:twitter

 

この卵殻膜の使用によって、コスト面の大幅な削減が可能になります。

従来使われていたナフィオン膜は、3cm四方で1枚約800円するそうです。
それに比べ卵殻膜は同じサイズで14.4円となるようです。

4dentitamagokarade

出典:twitter

さらに、塩化白金酸溶液ではなく安価な塩化鉄溶液を用いた場合、3cm四方で0.9円までコストが下がるそうです。

また、従来のナフィオン材に比べ、環境面への悪影響をも抑えられるといいます。

素晴らしい研究に成功した彼女たちの裏には、絶え間ない努力がありました。
次のページでは、彼女らの苦労に迫っていきたいと思います。

 

↓↓続きはPAGE 2へ↓↓

スポンサード リンク

PAGE 1 PAGE 2

おすすめ記事(広告を含む)

 - その他, イイハナシダー

  関連記事

ただの熱い男ではなかった!「松岡修造」の尊敬できる10のお話

スポンサーリンク   ▼1 松岡修造のお嬢さんが宝塚音楽学校に合格した …

偶然と優しさが小さな命を救った!

スポンサーリンク   ある日女性が見つけたのは、雨が打ち付ける道路の上 …

考え方、人生観が変わるかも!心に留めておきたい言葉 7選

スポンサーリンク   ▼1 「ファン」は度が過ぎると「評論家」になって …

癒される!世の中捨てたもんじゃないと思った優しい世界7選

スポンサーリンク   ▼1 営業やってた頃どうにも眠くて、電車で隣に座 …

たった1人の女子高生のために廃駅を延期!! 「日本はなんて温かい国なんだろう」と海外から絶賛

スポンサーリンク   全国的にも珍しい「旧」の字を冠する駅。 北海道の …

長女ってしっかりしているなと思えたエピソード5選

スポンサーリンク   ▼1 長女の運動会の朝に重症児が産まれると病院呼 …

やり過ぎ?本気を見せたガチ勢たち8選

スポンサーリンク   ▼1 本気で塗り絵したときの pic.twitt …

家族に愛情を注ぐ理想の旦那さんたち 5選

スポンサーリンク   ▼1 最近自分の鼻を指差して「あ!あ!」とにこに …

まだまだ世の中捨てたもんじゃない!人の優しさに触れたエピソード 8選

スポンサーリンク   ▼1 いい人止まりのイケメンが「よく『いい人』と …

会社で起きた笑撃的なエピソード 11選

スポンサーリンク     ▼ 1 商談で先方の元広告マンのオ …