〇〇話ちゃんねる

○○な話、動画、情報などを紹介します。

*

「今日私の息子をしつけた見知らぬ人へ」と題した母の言葉が世界中で称賛される

   

スポンサーリンク

 

22440880439_f07e53b4db_z-1

出典:flickr.com

 

息子と公園にいたというカレン・アルパートさん。
カレンさんは、息子の友達が泣いているのをなだめていました。

その時、カレンさんの息子はジャングルジムに登ろうとしていたそうです。

すると、見知らぬ女性がカレンさんの息子を叱り始めたといいます。

知らない人に自分の子どもが叱られるのは、かなり衝撃的なことです・・。
この一件について、カレンさんはブログに想いを綴っていました。

 

カレンさんは、息子が叱られた一件についてこう書いています

今日私の息子をしつけた見知らぬ人へ

まぁまぁまぁ、ちょっと確認していいかしら。
今日あなたの娘さんがジャングルジムで遊ぼうとしていたって?
はいはい、わかりました。

なのに私の子どももジャングルジムで遊ぼうとしていた?そうでしょうね。
でもあなたのお子さんはジャングルジム初心者で、途中で止まったり怖がったりしたものだから上まで登るのにものすごい時間がかかる。

だから息子はお子さんを追い越すしかなかった。
そして息子がぶつかって、娘さんは落っこちて泣き出してしまった?ふむふむ、そうですか。

“I wish I would never grow up and could live with my awesome parents forever and ever.” #amomcandream

Baby Sideburnsさんの投稿 2016年5月10日

 

スポンサード リンク

 

続ける前に、これだけ言わせて欲しい。

私がその場にいるべきだったってことはわかっています。
でも残念ながら私は公園の向こう側にいて、泣いている息子の友だちと一緒にいたんです。

They say absence makes the heart grow fonder, but I don’t know how. I’m only going away for the weekend and I don’t think it’s possible to fit any more love in my heart.

Baby Sideburnsさんの投稿 2016年4月16日

 

だからはい、私はそこにいなかった。

でも、だからってあなたが私の子どもをしつけていいの?
あなたが冷たい口調で私の息子にいい加減にしなさいって言っていいの?
あなたが私の子どもの保護者のように振る舞ってもいいって言うの?

引用 babysideburns

 

 

一見、深い怒りがこみ上げているような印象の文章ですが、このあとカレンさんの主張は、意外な方向へと進んでいきます。

次のページでカレンさんのブログの続きをご覧ください。

 

↓↓続きはPAGE 2へ↓↓

スポンサード リンク

PAGE 1 PAGE 2

おすすめ記事(広告を含む)
スポンサーリンク

 - イイハナシダー

  関連記事

「心に刺さる!」思わず納得させられる言葉17選

スポンサーリンク     ▼1 いつだったか「聖母マリア像は …

「最後のわがままを聞いてほしい」ある夫婦の愛の深さに涙がこぼれる

スポンサーリンク   ある夫婦の物語が感動的だと話題になっています。 …

お父さんお母さんありがとう!親が教えてくれた大切なこと8選

スポンサーリンク   ▼1 思春期の子の親の教育の仕上げって、母親だっ …

「付き合った相手の携帯を見ちゃう」所さんがおのののかへ送ったアドバイスが素敵

スポンサーリンク   1月5日に放送された「超踊る!さんま御殿!!恋の …

鳶職のイカツイ兄ちゃんが電車で「悪いけど席譲ってくんねー?」とカップルに絡んでいたら、彼女が「水分取りました?」と…

スポンサーリンク   ちょっと暑かった日の夕方、電車で座席は全部埋まっ …

暴走族の料理教室。レディースだって、ひとりひとりは普通の女の子。

スポンサーリンク   薬物から子供たちを守ろうという取り組みが 地域の …

飛行機で隣に座った女性にうんざりした男性。しかしその思いを覆した女性の真の魅力とは…

スポンサーリンク   成田発、香港行きの飛行機に乗った男性は、窓際の席 …

図書館で借りた本にタティングレースで編んだ手作りっぽい可愛らしい栞が挟まっていたので司書さんに預けた→その栞が俺と嫁との出会いだった。

スポンサーリンク   その頃引越した街には、なかなか広くて設備も新しい …

癒される!世の中捨てたもんじゃないと思った優しい世界7選

スポンサーリンク   ▼1 営業やってた頃どうにも眠くて、電車で隣に座 …

俺のじいちゃんはパイロットだった。俺も目指したのだが才能が無く結局は整備員に。そんなじいちゃんが亡くなって、俺が初めて整備担当の飛行機を持ったとき・・・

スポンサーリンク     ちょっと前の話。 俺のじいちゃんは …