〇〇話ちゃんねる

○○な話、動画、情報などを紹介します。

成人式の日、私をイジメていた男が「子供の頃から大好きでした!つき合って下さい!」と告白してきた・・・

   

 

いまだに思い出すと感情的になるから、読みやすく書ける自信がないんだけど、小学校2年生の時のクラス替えでA男と同じクラスになった。

それまでほとんど口も利いたことがない相手だったのに、なぜかいきなり「お前馬鹿って本当?」と聞かれ、「は?」ってなってる間に「バーカブース私子はゴミ~♪」と囃し立てられ、それからも何かにつけて「バーカ」「ブース」「死ねー」と言われ続けた。

母に「ひどい事を言われている」と相談したら、「A男君はアンタのことが好きなのよ、微笑ましいわねウフフ」で済まされて親身になってくれなかった。

A男がそういう事をして、咎められないでいると、便乗して同じ事を言ってくる男子が増えた。

親しくない女子からも遠巻きにされるようになり、クラスで孤立した。

完全にいじめだと思うんだけど、母は変わらず「アンタのことが好きなのよー。分かってあげなさいよ不器用で初心な初恋ねーウフフ」だった

4年生のクラス替えでA男と離れ、1~2年生の時から仲の良かった子と同じクラスになれ、学校生活は再び楽しくなった。

A男には廊下で擦れ違ったうに「ブース!」「バーカ!」と罵られ蹴りを入れたりされたけど、たまにのことなので我慢して無視できた。

そしたらある日、「無視してんじゃねーよ!」と階段から突き落とされた。

ほんの2~3段だったけど、顔面から落ちたせいで前歯か欠けて、唇から血が出た。

流石に大騒ぎになりかけた。

A男両親が我が家に来て土下座しかけたり、学校でも教頭や校長同席での話し合いの場が設けられたり。

だけどその時にも母は、「気にしないでください~、うちの子が大袈裟なんですよ~A男君は私子の事が好きなだけよねー、これからも仲良くしてあげてねーアハハウフフ」だったよ。

いまだに思い出すと腹が立つ。

スポンサード リンク

 

当時私の通っていた小学校は、そのまま一番近くの中学校に進学するのが普通だったけど、A男とまた三年間同じ学校なんて絶対嫌だと思って、私立中学への進学を希望した。

母は最初お金がないからと渋っていたけど、父が後押ししてくれた。

父は激務であまり話す機会がなくて、私が「いじめられている」と訴えても、母が「この子大袈裟なのよ」と言えば鵜呑みにしてきたけど、怪我をさせられた事で「不器用な初恋は違うんじゃないか」と思ってくれたらしい。

ただそれを母に言うと拗れるので、表向きは早めの花嫁修業とかなんとか言っていた。

中学高校時代もA男は近所住みだったのでたまーに鉢合わせして、バカブス言われて殴られたり蹴られたりしたけど、本当に年に数回の事だったので我慢できた。

大学は遠方へ逃げて、会うこともなく2年間が過ぎて心の平穏を取り戻してた。

 

↓↓続きはPAGE 2へ↓↓

スポンサード リンク

PAGE 1 PAGE 2

おすすめ記事(広告を含む)

 - 体験話, 修羅場

  関連記事

大人になると忘れがちな「知る楽しさ」を思い出すつぶやき7選

  ▼1 ヤクザの事務所が入居されないための防御策として建物名をわざと …

思わず声に出して詠みたくなるハイセンスな「一句」9選

  ▼1 ファミマのこれ、五七五でメチャ綺麗にまとまっているいい俳句だ …

やっぱり親子の絆は強いと感じたエピソード 9選

  ▼1 娘「パパ!今日ね!あのね!」 父「うん」 娘「大きな絵を描い …

一家の大黒柱の父親が放つ偉大なエピソード7選

  ▼1 「欧米だとクリスマスは家族と過ごすものなのに日本なんてカップ …

やっちまった…。自分史上最大級のミス8選

  ▼1 飲み会中、自ら率先してサラダを皿に取り分け始めたら「ごめんね …

予想外の急展開に麦茶が気管に入ってオニギリ喉に詰まりそうになった瞬間8選

  ▼1 今日コンビニ行ったらマジで面白い会話聞いてしまったww おば …

『離婚しましょ』と切り出した私に、「その前に…」と旦那が驚くような話を始めた…。

  私は以前、不思議な体験をしました。 正確に言うと私ではなく夫が、と …

パパとママたちは共感しそう!子育てあるある6選

  ▼1 次男4ヶ月は離れると泣くので離れられないし、イヤイヤ期の長男 …

人の為に何かをする時は損か得かじゃない!規則を破ったある警察官の判断と行動

    数年前の5月の連休中のこと。 あるご夫婦がライトバン …

虐待されている姪っ子を奪い取り養子にしようと決意!毒父が姪っ子の目の前で「今までの養育費払うっつーなら良いけどよ」などと言ってきたので…

  色々あって姪っ子7歳引き取ることになった。 結婚するあてもないし。 …