〇〇話ちゃんねる

○○な話、動画、情報などを紹介します。

“声なき声”が聞こえる…被災者が「繋がらない電話BOX」を訪れる理由に涙

   

スポンサーリンク

 

東日本大震災から5年、大津波により壊滅的な被害を受けた岩手県大槌町。

町には海を見下ろせる高台があり、その庭園には不思議な佇まいをした1台の電話BOXが設置されています。その名は「風の電話」。

「震災で突然の別れを強いられた被災者の心の助けに」との思いから設置され、これまでに1万人以上もの方が、この場所を訪れています。

 

岩手県大槌町の高台にある「風の電話」

1kazenodenwa

出典:otsuchinews

中にあるのは、回線のつながらない黒電話と1冊のノートだけ

2kazenodenwa

出典:twitter.com

しかし、この何処につながることもない電話をかける為に、この場所を訪れる人の数が途絶えることはありません。

「風の電話」では、お亡くなりになった、あるいは行方不明になっているご家族やご友人と、もう一度言葉を交わしたいと願う人々が、ここで受話器を握り「会話」をします。

電話機の横には「風の電話は心で話します。静かに目を閉じ耳を澄ましてください。
風の音が、又は浪の音が、あるいは小鳥のさえずりが聞こえたなら、あなたの想いを伝えて下さい」と記されています。

出典:kotobank.jp

 

設置した佐々木さんは言う、「風の電話は心で話します」

3kazenodenwa

出典:otsuchinews

風の電話は、ガーデンデザイナーである佐々木格(いたる)さんの自宅の庭に設置されていて、周囲はたくさんの花に囲まれています。

もともとは震災前にいとこを病気で亡くした佐々木さんが、悲しみに暮れる家族の心の傷を癒そうと思い、不要になった電話BOXを置いたのですが、その矢先に震災が発生。

甚大な被害と命が奪われ、人々の混乱が一向に収まらない中、「遺族と亡くなった人の思いをつなぐこと」が何よりも急務だと感じた佐々木さんは、その年の春の訪れを待って、電話BOXの周りの植栽を開始しました。

佐々木さん:「黒電話の受話器を持ち上げても、当然、何の音も聞こえない。聞こえないと思ったら、本当に何も聞こえないんです。でも、じっと耳をすませると何かが聞こえてきますよ。

気丈にしている人でも、実際は心の中で泣いている人が多い。心情を吐露することで、少しでも苦しみから楽になってほしい」

出典 :otsuchinews

 

スポンサード リンク

 

多くの人が「風の電話」を訪れ、大切な人と心を通わせる…

4kazenodenwa

出典:gettyimages

「亡くなった家族や友人と、もう一度話をしたい」

「友達というか、仲間というか、まだ見つからない人がいまして。どうしているかなと…」

「私は息子を亡くしてね。何年たっても忘れることができなくて」
さまざまな思いを胸に、今はもう会うことはできない人と会話をする為、たくさんの人たちがこの場所を訪れます。
そして会話を終えたら、備え付けのノートにその思いの丈を綴るのです。

 

ノートに綴られているのは、風の電話がつないだ大切な人との会話

5kazenodenwa

出典:nhk.or.jp

■「会いたくて、会いたくて、声が聞きたくて来てみました。もう痛くないよね、苦しくないよネ」

■「まごちゃんが3人になったよ。かあさんにおふろに入れてもらいたかったよ。いろいろ聞きたいことあるんだ…」

■「(小さな子どもの字で)お母さん、どこにいるの? 早く帰ってきて! 待ってるからね」

■「ようやく別れを告げられた」

■「今、すごい悩んでいるんだ、パパが生きていれば陸前高田にいたのに。なかなか自分のことを吐露することはないんですけど。どこで今後、暮らせばよいかわかりません」

■「平成23年5月13日。あの日から2カ月たったけど、母さんどこにいるの。親孝行できずにごめんね。会いたいよ。絶対、見つけてお家に連れて来るからね」

■「親父さん。貴方の白髪がとにかく懐かしいです。私はこれからの生活に全力を出して貴方の娘を守っていきます」

 

上記はノートに記載されていた訪問者のメッセージの一部です。

電話BOXの中で大声で泣く人、一人静かにひっそりと帰る人、中に入るのをためらい、電話をかけることなくその場所を後にする人、何度目かの往来の末にようやく受話器を手に取ることができた人…

佐々木さんは訪れた人たちに無理に話しかけたりはせず、静かに見守ってきたと言います。

また、東日本大震災から丸5年を迎える、忘れもしない3月11日の前夜に、NHKでは「風の電話 ~残された人々の声~」との題でドキュメンタリー番組が放送されていました。

番組内で、特に印象的だった内容をいくつかご紹介させていただきます。

 

↓↓続きはPAGE 2へ↓↓

スポンサード リンク

PAGE 1 PAGE 2

おすすめ記事(広告を含む)

 - イイハナシダー, 悲しい

  関連記事

自閉症の弟を馬鹿にする小学生。そのとき放った兄の言葉に胸を打たれた・・・

スポンサーリンク スポンサード リンク

【壮絶】ガンの嫁と結婚したが、程なくして他界→俺『え?裁判所から訴状が届いてる…』嫁の手帳を見ると、衝撃の事実が明らかになり…

スポンサーリンク   嫁と出会ってから嫁が亡くなるまでの半年間が人生最 …

笑いあり!感動あり!スタバで起きた珍エピソード7選

スポンサーリンク   ▼1 スタバで外人だと思われてた疑惑 pic.t …

時には真面目!高田純次の歳とってやっちゃいけない名言が話題に

スポンサーリンク     タレントの高田純次さんが語る「歳を …

幼い息子に「金髪・ピアス・高価なアクセ・・・」虐待と批判・炎上ママブロガー『ちいめろ』

スポンサーリンク     ママブロガーとして活動している「ち …

仲良しな夫婦って羨ましい!男女関係が円満に続く秘訣7選

スポンサーリンク   ▼1 長く付き合っていれば乗り越えるべきトラブル …

江頭2:50の感動エピソード

スポンサーリンク   江頭がとある公園でロケをしていると、公園の隣にあ …

もう長くないと言われた愛犬。残り僅かな時間は一緒に過ごしたくて長めの有給を申請したら、主任「たかが犬位で馬鹿な事を言うな」と一蹴され・・・

スポンサーリンク   もう5年程前になるが、仕事から帰宅すると飼ってい …

老後を考えすぎるより「今」を思いっきり楽しんだほうがいい8のつぶやき

スポンサーリンク   ▼1 若い人に言いたいのは、旅行や食べ歩き、見た …

知ってるようで知らない『クロネコヤマト』のサービスの素敵なところ♪ 8選

スポンサーリンク   我々の生活を支えてくれている宅急便、クロネコヤマ …