〇〇話ちゃんねる

○○な話、動画、情報などを紹介します。

*

不審な車をライトで照らすとホースを排気塔から車内に引き込んでいる!?俺『まずい!人が中で氏んでるかも!』友人A「さっさと逃げないか・・・?」 → 結果・・・

   

スポンサーリンク

 

数年前の話。

オレはバイク乗りで、当時大学院の1年か2年だったと思う。
オレは、写真も趣味で、バイクに乗っては近隣ではあるが
綺麗な景色を眺めたり、写真に撮ったり、
星を眺めたりするのが好きだった。ってか、
今でも好きなわけだが。

数年前、オレはバイク仲間(Aとする)と、
K県某市の峠の側道?状になっているところに、
人が全然いなくて、天気によっては星と月、夜景、富士山が見えるという
すばらしいロケーションがあって、そこに行こうという話になった。

その場所に行くのは初めてではなく、
何度もいったことがある場所。
うまく説明できないのだが、
県道が峠になっていて、そこから支道に分かれ、
山の中ではあっても少し開けた場所になっているんだ。

 

スポンサード リンク

 

ここが登山道の入り口?になっているらしくて、
ここまでなら人は普通に上がってくるし、
天体ショーなんかがあるときはここに車が
十数台程度なら集まるような場所だ。

ただ、谷上になっていて、左右にさらに山があり、
空全体が開けているわけではない。

それで、俺たちの目的地は、
その開けた場所(便宜上駐車場としよう)ではなく、
その駐車場の左右の山のうち、片方は登山道、
もう片方が目的地だ。
そちらに、階段上になっていて、
さらに山に登ることができる。ここからはもちろん徒歩だ。
そんで、5分ぐらいちょっとした傾斜の場所(階段も整備されている)を登ると、
その先に木製のベンチとかがあって休めるようになっていて、
そこをもう少し山の稜線に沿って進むと、
そこが目的の場所。
空が全体的に開けており、地面が板状に整備されていて、
しかも山の斜面側は全部木が伐採されている関係で、
眼前に夜景と富士山が広がるんだ。
めちゃめちゃ贅沢な景色だと思う。

あとから聞くと、パラグライダーの離陸点になっているらしく、
斜面に向けてまっさかさまに走り下りるように板張りの台が形成されているが、
頂上付近も広くて水平なので、危険な場所ではない。
しかも、そこによる人がいることを見たことが無い。

そこに、問題の日以外にも何度も来て、
星の写真を撮ったり、カセットコンロを持ち込んで
紅茶やコーヒーを飲んだりするのが好きだったわけだ。

あ、当然山の中だから、駐車場も目的地も一切該当はなく、自分たちで明かりをもっていかないと真っ暗な場所だ。

問題の日もAと待ち合わせして、バイクで現地に向かったんだ。

駐車場につくと、
エスティマと商用のバンっぽいのが止まってて、
エスティマについてはエンジンがかかっている状態だった。
そのエスティマは、目的地に上っていく小道のすぐ脇に泊まってた。
まぁ、場所が場所だけに、イチャイチャしたいカップルがいてもおかしくないので、
俺たちはお邪魔にならないようそそくさとその脇を抜けて、
星が見える場所までのぼっていったわけだ。

時間は深夜2時ごろだったと思う。
季節は夏で、駐車場の段階で天の川が見えるぐらい、
晴れ渡った星を眺めるには絶好の日だった。

そんで、頂上について、
Aは写真ではなく双眼鏡をもってきていたので街や星を見ている傍ら、
オレは三脚を用いて星や夜景をカメラに収めまくっていた。
何度見ても感動するようなきれいな場所でさ、小一時間はしゃぎまくってたんだ。

深夜3時を回っていたと思う。
「そろそろ帰るか?」って話になって、
ぼちぼち駐車場に下って行ったんだ。

重複になるが、明かりは一切ないので、
自分たちが持ってるLEDライトが唯一の光源。
足元を照らしながら、夜露でぬれた草で滑らないよう慎重に下っていく。

間もなく駐車場に着く、となった時のことだ。

 
↓↓続きはPAGE 2へ↓↓

スポンサード リンク

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4 PAGE 5 PAGE 6

おすすめ記事(広告を含む)

 - 衝撃体験

  関連記事

【DQNネーム】オレの名前は『ウドン』だ。DQNネームを最大の武器にして、内定を勝ち取った!この名前で成功した経験談みたいなのを書こうと思う。

スポンサーリンク   DQNネームで生きるの辛いって言う奴いるけどそれ …

本屋「お義姉さんが万引きしました。引き取りにきて下さい」→店に駆けつけたら、そこに居たのは・・・ダレダオマエ…。

スポンサーリンク   昨日の話。 私は結婚一年目の子泣き主婦で、旦那の …

バスでDQNがワル自慢!「万引きとか俺余裕だしww」オッサン「万引きダメだろ」DQN「うっせー氏ね!お前何様だよ?」オッサン「俺?」→結果…

スポンサーリンク   バスの乗ってたらDQN風の男子高生たちがワル自慢 …

DQN2人組『てめえラチあかねーよ!車に乗れ!』気弱な男「ひいい」私『これは大変だ!』→警察に通報したら意外な展開に…

スポンサーリンク   当時住んでいた、DQNが多い地域での話。 ある夕 …

私「レシート下さい」→店主『レシートを出すとなると、ランチの値段が2割増しになるけど良い?』→私「はぁ?」

スポンサーリンク   友達とランチを食べた。 一人1,500円くらいの …

社長と衝突し、8年勤めたブラック零細企業をバックレた→警察『君サツジン未遂したね?』俺「え?」すさまじい事態に…

スポンサーリンク   その昔、零細の印刷屋に8年いた。 そのやめ際が人 …

ボタンを異常に怖がる嫁。俺「お前のは『ボタン恐怖症』って言うらしいぞ。一緒にググってみよう」→結果・・・

スポンサーリンク     515: 名無しさん@お腹いっぱい …

【衝撃的だった体験】 工場で新人に包丁を使った作業を教えたら筋がよくて2日でベテラン並になった。3日目、新人の作業が急に遅くなり、よく見ると左手で包丁持ってる…

スポンサーリンク     食品加工工場で働いてる ある新人に …

【唖然】事故現場に遭遇!→俺「K察呼ぼう」DQN『お前は関係ないだろ!』俺「いえ、関係あります!実は…」

スポンサーリンク   先月、大学時代の友人と夜中にドライブに行った。 …

社長がとんでもない女を雇用した…その日から、その女「アントン」は職場を破滅に追いやっていった…

スポンサーリンク   とんでもない女がいた話 当時、私は精密機械を設計 …