〇〇話ちゃんねる

○○な話、動画、情報などを紹介します。

仕事で一度も授業参観に来て貰えなかった父に「お父さんは本当は私の事が嫌いなんでしょ!?」 参観日の当日、父はいつも通り出勤、なんて事はない普通の一日のはずでした・・・

   

 

私の父が男手一つで私を育ててくれました。

母の居ない私に父は、寂しい思いをさせまいと必死だったと思います。
いろいろと体の違いや考え方の違いもありますし、男の父が女の私を1人で育てるのにはかなり苦労したようです。

当時、私の父は貿易会社に勤めており出張を繰り返す日々でした。
その為、家に帰ってくるのはいつも遅く、私が寝てから帰宅というのがほとんどでした。

でも、私の誕生日には、毎年大きなケーキと大きなぬいぐるみを持って早く帰ってきてくれました。
二人だけの誕生日会。
それはとても質素な誕生日会でしたが私には本当に暖かく、かけがえのないものでした。
なので毎年その日が待ち遠しく、私は誕生日までの日にちを数えたりしていました。

私が小学校に通っていた頃、授業参観がありました。
低学年の頃は、父に私の学校での生活を見て貰いたくて、ずっと来るようにお願いしていましたが仕事の都合で一度も来て貰えませんでした。

高学年になると、父の仕事の事情もわかり、わがままを言って父を困らせてはいけないと参観日や学校行事の話をしなくなりました。

そんな中、授業参観の日にクラスの子は、親が来ると恥ずかしいのか母親などに

「絶対に来ないでっていったのに!」

「どうしてきたの?」など言っていました。

私はそんなことを言えるクラスメイトが羨ましかった。
父がもし来てくれたら私もそんなこと言うのかなと考えたりしました。
そんなことを考えるたびに父の仕事を恨みました。

 

スポンサード リンク

 

小学校六年生の時でした。
その年の誕生日。
父は早く帰って来ませんでした。
私は父の帰宅を我慢することが出来ず寝てしまいました。

翌日、枕のそばに大きなぬいぐるみがありテーブルの上には大きなケーキがありましたが、 肝心の誕生日会をしていないということで朝から私は父とケンカをしました。

ケンカといっても一方的に私が怒っているだけ。
私は本当に心ないことをたくさん言いました。

「参観日にも来られないなんてお父さんは親の資格なんてない!」

「お父さんは本当は私の事が嫌いなんでしょ!?」

父は言い返しもせずにただだまって聞いているだけでした。
その事に無性に腹が立ちました。
そのころ家事などを父と私で分担していたのですが、怒りにまかせて数日間全て放棄してしまいました。

数日後、やっと怒りも冷め、私は元の生活に戻りましたが父は普段より忙しくなっていました。

父は「これからちょっとの間、帰りがいつもより遅くなるから先にご飯を食べて寝てなさい。」と言いました。

ケンカの事を怒ってるのかと思いましたがどうやら本当に忙しくなったらしく、私はちょっと前に捨てた参観日案内のプリントの事を思い出し、今年も無理だなぁと思いました。

参観日が近づき、その授業内容が自分の親についての作文を発表する事だったのでその作文を書くという宿題が出されました。

 
↓↓続きはPAGE 2へ↓↓

スポンサード リンク

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

おすすめ記事(広告を含む)

 - イイハナシダー

  関連記事

彼『こんなデブスと連れだと思われたくないから別れよ』 → 散々馬鹿にされた私は努力して綺麗になった結果www

  高校時代、私はちょいデブでモサい典型的日陰女子だった そんな私にも …

もしかして現状を変えてくれるかもしれない革命的な発想 7選

  ▼1 以前、父親(団塊の世代)と会社の飲み会を嫌がる若者の話になり …

「カズさん、人気取りですか?」 養護学校で障害者の子供とサッカーをしていた”三浦カズ”に対して記者が意地悪な質問。するとカズはこう答えた…

  出典:laughy ある新聞社にカズが養護学校の施設に1人で来て、 …

正直者は馬鹿を見ない!突然のメーカーからの連絡が童話の「金の斧・銀の斧」のような話に

  今や、持っていないとプライベートや仕事に支障が出ると言ってもいいほ …

客『この人参のグラッセを作ったのはどなた?』私『私です(震え声)』→すると客は私をジロジロ見て、こう言った・・・

    小さな食堂 (夫婦と息子さんで経営。 バイトは私だけ …

じめじめ感も吹き飛ぶ!雨だからこそ生まれたエピソード9選

  ▼1 雨の日にだけ見せてくれる、街の表情がある。 pic.twit …

仕事ができる人はココが違う!街で見かけたプロフェッショナルたち9選

    ▼1 フードコートで隣に座った男性がホクホク顔でラー …

自分「先生、犬は飼い主が不細工だと悲しい思いをしますか?」 先生「そんなことないよ。犬が悲しむのは、大好きな人が・・・」

  物心ついた時から一人が当たり前だった。 両親の夫婦仲は冷め、お互い …

「クッピーラムネ」公式サイトに大人の事情が爽やかに綴られていると話題に!

    お馴染みのラムネ菓子「クッピーラムネ」。その公式サイ …

愕然!悟りを開いている人たち 8選

  ▼1 煙草はカッコいいイメージがあるけれども、実際は哺乳類の本能で …