〇〇話ちゃんねる

○○な話、動画、情報などを紹介します。

*

耳の聞こえない俺が手話で『しにたい』そう伝えると、主治医は俺を殴った!→そして衝撃の真実を語りだして・・・

   

スポンサーリンク

 

俺には母親がいない。
俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。
産まれたときから耳が聞こえなかった俺は
物心ついた時にはもうすでに簡単な手話を使っていた。

耳が聞こえない事で俺はずいぶん苦労した。
普通の学校にはいけず、
障害者用の学校で学童期を過ごしたわけだが、
片親だったこともあってか、近所の子どもに馬鹿にされた。
耳が聞こえないから何を言われたか覚えていないが
(というか知らない)
あの見下すような馬鹿にしたような顔は今も忘れられない。

その時は、自分がなぜこんな目にあうのかわからなかったが、
やがて障害者であるということがその理由だとわかると
俺は塞ぎ込み、思春期の多くを家の中で過ごした。

自分に何の非もなく、
不幸にな目にあうのが悔しくて仕方がなかった。

だから俺は父親を憎んだ。
そして死んだ母親すら憎んだ。
なぜこんな身体に産んだのか。
なぜ普通の人生を俺にくれなかったのか。

 

スポンサード リンク

 

手話では到底表しきれない想いを、暴力に変えて叫んだ。
ときおり爆発する俺の気持ちを前に、父は抵抗せず、
ただただ、涙を流し「すまない」と手話で言い続けていた。

その時の俺は何もやる気がおきず、荒んだ生活をしていたと思う。

そんな生活の中での唯一の理解者が俺の主治医だった。
俺が産まれた後、耳が聞こえないとわかった時から、
ずっと診てくれた先生だ。
俺にとってはもう一人の親だった。

何度も悩み相談にのってくれた。
俺が父親を傷つけてしまった時も、
優しい目で何も言わず聞いてくれた。
仕方がないとも、そういう時もあるとも、
そんな事をしては駄目だとも言わず、
咎める事も、慰める事もせず
聞いてくれる先生が大好きだった。

そんなある日、どうしようもなく傷つく事があって、
泣いても泣ききれない、悔しくてどうしようもない出来事があった。
内容は書けないが、俺はまた先生の所に行って相談した。

長い愚痴のような相談の途中、
多分「死にたい」という事を手話で表した時だと思う。

先生は急に怒り出し、俺の頬をおもいっきり殴った。
俺はビックリしたが、先生の方を向くと、さらに驚いた。

先生は泣いていた。

そして俺を殴ったその震える手で、静かに話し始めた。

 
↓↓続きはPAGE 2へ↓↓

スポンサード リンク

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

おすすめ記事(広告を含む)

 - イイハナシダー

  関連記事

思わず胸キュン!みんなが萌えたエピソード10選

スポンサーリンク   ▼1 コンビニであったかい飲み物二つと唐揚げを購 …

言葉って言い方ひとつでここまで変わると思えたエピソード7選

スポンサーリンク   ▼1 昨日私が大量の洗濯物を畳んでるのに夫が携帯 …

癒される!世の中捨てたもんじゃないと思った優しい世界7選

スポンサーリンク   ▼1 営業やってた頃どうにも眠くて、電車で隣に座 …

嫁が事故で他界し、俺と血の繋がらない娘(17)が残された。それから8年以上が経った先週の土曜日、ついに娘が・・・

スポンサーリンク   土曜日、一人娘の結婚式だった。 当時俺25歳、嫁 …

【馴れ初め】デブな俺が職場内でモテモテの美人に告白された。醜くかった時期も態度が変わらなかったから好きになったらしい

スポンサーリンク   俺の馴れ初めは、嫁と認識時期が違うんだよね・・・ …

駅前で「見てみて、あの人ダサくない?」と呟く彼女。すると彼氏が足を止めて空気を豹変させる事に・・・

スポンサーリンク   とあるカップルが、駅前のロータリーを歩いています …

その成長に感動で涙!子どもたちの素敵な発想 9選

スポンサーリンク   ▼1 お昼寝中、寝つけずにいた女の子(5歳)とヒ …

40年経ったコンサート

スポンサーリンク   若い女性が一人…。   彼女は、ある歌 …

披露宴より大事な事を優先して抜け出した新郎

スポンサーリンク   医者カップルの結婚式当日、式の真っ最中に高速道路 …

高校生の兄がボロボロになって小学生を連れて帰ってきた。兄 「ごめん、我慢できんかった」 母 「ようやった。後は任せなさい」

スポンサーリンク     もう20年以上前だが、当時高校生だった兄がボ …