〇〇話ちゃんねる

○○な話、動画、情報などを紹介します。

*

修理品を取りにきた客の彼女が作業で汚れた私を見て「汚い」とつぶやいた。するとその彼氏さんが・・・

   

スポンサーリンク

 

自分は20代。

父母は中学のときに離婚で、どっちにもついてかなくて祖父母に育ててもらってきた。

そんで今はじいちゃんの仕事を継いで、昔の時計とかラジオとかを修理する店で働いている。

修理してほしいと持込みされた品は今まで押入れだったり、蔵に放置されていたものだったりするのでたいていホコリや油、土まみれ。

修理が終わるころには手も顔もズボンも作業エプロンも真っ黒になるほど。

で、あるとき若い男性が亡くなったじーさん家の倉庫から沢山貴重な時計やら蓄音機やら発掘したので直してほしいと来た。

私が見ても結構な貴重品たちで、修理代はちと値が張るが、昔のものは何度でもきちんと動くように設計されているから、お任せ下さいと仕事を受けた。

そのときの男性は、「動くようになって帰ってくるんだー!!楽しみ!!」ってキラキラしていた。

 

スポンサード リンク

 

4日後に修理完了の電話をし、引き取りに着てもらった時にはなにやらお綺麗な彼女さんを連れていらっしゃった。

小さな店に20代の若い方が来ること自体珍しいのでちょっと緊張して挨拶をしたら私を見るなり彼女さんが小声で

「・・・わっ・・・なに・・・きたないカッコ・・・いやだぁ・・・」と。

聞こえてますよ・・・

かなりイラッとしたけど、お客さんだし、まあ歳も同じくらいの女が化粧気もなく油まみれの手と(夏場だったので)汗も沢山かいてたからそりゃそう言われるわな・・・と凹んだ。

まあまず美人さんにこんな姿を見られて、尚且つ面と向かって言われてしまったから何だか一気に恥ずかしくなって、凹んだ。

でもその後に、受取人の彼氏さんが

 
↓↓続きはPAGE 2へ↓↓

スポンサード リンク

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

おすすめ記事(広告を含む)

 - イイハナシダー

  関連記事

最強最高の兄ちゃん

スポンサーリンク スポンサード リンク

30年以上ホームレス生活でも夢を諦めなかった男性。彼が決して諦めずに実現した夢とは?

スポンサーリンク   ブラジルのサンパウロで30年以上ホームレスとして …

DQN 『朝日新聞とって下さい』俺 「朝日はいらん」DQN 『新聞なんてどれも一緒ですよ』→3ヶ月後。DQNが田舎に帰ると挨拶に来て…

スポンサーリンク ちょっと長い上に、相手をやり込めたって感じの話じゃないので嫌い …

大人になって理解した子どもの頃の母との思い出8選

スポンサーリンク   ▼1 私は子供の頃母が「一口ちょうだい」って私の …

純粋な子どもだからこその優しい素敵な言動6選

スポンサーリンク   ▼1 寝る前に長女に「今日はどうだった?」と聞く …

心に留めておきたい!考え方が変わるかもしれない名言6選

スポンサーリンク   ▼1 遊ぶ金欲しさに働いているということを忘れて …

愛情?嫌がらせ?(笑)斬新すぎる妻の手料理 7選

スポンサーリンク   ▼1 夫とケンカした時に「架空の国の刑務所ごはん …

俺の家は貧乏だった。 運動会の日も授業参観の日さえも オカンは働きに行っていた…

スポンサーリンク     俺の家は貧乏だった。 運動会の日も …

見習いたい!鋼のメンタルを持つたくましい人たち6選

スポンサーリンク   ▼1 ニューハーフのお姉さまが女子力高すぎるし気 …

あぁ恋したい!と思わせる夫婦・カップルのエピソード6選

スポンサーリンク   ▼1 2歳児的ボキャ世界は夫婦喧嘩にすら侵食する …