〇〇話ちゃんねる

○○な話、動画、情報などを紹介します。

修理品を取りにきた客の彼女が作業で汚れた私を見て「汚い」とつぶやいた。するとその彼氏さんが・・・

   

 

自分は20代。

父母は中学のときに離婚で、どっちにもついてかなくて祖父母に育ててもらってきた。

そんで今はじいちゃんの仕事を継いで、昔の時計とかラジオとかを修理する店で働いている。

修理してほしいと持込みされた品は今まで押入れだったり、蔵に放置されていたものだったりするのでたいていホコリや油、土まみれ。

修理が終わるころには手も顔もズボンも作業エプロンも真っ黒になるほど。

で、あるとき若い男性が亡くなったじーさん家の倉庫から沢山貴重な時計やら蓄音機やら発掘したので直してほしいと来た。

私が見ても結構な貴重品たちで、修理代はちと値が張るが、昔のものは何度でもきちんと動くように設計されているから、お任せ下さいと仕事を受けた。

そのときの男性は、「動くようになって帰ってくるんだー!!楽しみ!!」ってキラキラしていた。

 

スポンサード リンク

 

4日後に修理完了の電話をし、引き取りに着てもらった時にはなにやらお綺麗な彼女さんを連れていらっしゃった。

小さな店に20代の若い方が来ること自体珍しいのでちょっと緊張して挨拶をしたら私を見るなり彼女さんが小声で

「・・・わっ・・・なに・・・きたないカッコ・・・いやだぁ・・・」と。

聞こえてますよ・・・

かなりイラッとしたけど、お客さんだし、まあ歳も同じくらいの女が化粧気もなく油まみれの手と(夏場だったので)汗も沢山かいてたからそりゃそう言われるわな・・・と凹んだ。

まあまず美人さんにこんな姿を見られて、尚且つ面と向かって言われてしまったから何だか一気に恥ずかしくなって、凹んだ。

でもその後に、受取人の彼氏さんが

 
↓↓続きはPAGE 2へ↓↓

スポンサード リンク

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

おすすめ記事(広告を含む)

 - イイハナシダー

  関連記事

「心に刺さる!」思わず納得させられる言葉 16選

    ▼1 いつだったか「聖母マリア像はなぜ左手で抱いてる …

ユーモアセンス抜群!毎日行くのが楽しそうな会社8選

  ▼1 会社の慰安旅行的なもので現地まで社員さん達を連れて行って「で …

これは上手い!センスを感じるキャッチコピー9選

  ▼1 なんて恐ろしいキャッチコピーなんだ・・・。 ベルメゾンは人類 …

『母親』という人生の師からの有難いアドバイス 8選

  ▼1 昔々小学生のころドラクエ(たしかⅣ)をやっていた母に「どうし …

【バス停の恩人】~うちの子お喋りが出来ないんだ。だから答えれなくてごめんね~

      子供が3歳目の前にしているのに二語文は …

客『この人参のグラッセを作ったのはどなた?』私『私です(震え声)』→すると客は私をジロジロ見て、こう言った・・・

    小さな食堂 (夫婦と息子さんで経営。 バイトは私だけ …

少しくらい気が強い奥さんの方が夫婦関係が長続きするのかもしれない7選

  ▼1 前の職場辞めた時に、この世の終わりみたいな気持ちになってしま …

亡くなった母親が父と花嫁に残した一本のビデオレターに式場にいた全員が号泣。

本人から笑い話にしてもいーよと言われてるので書きます。 先日、友達の女の子の結婚 …

やっぱりプロは凄い!プロの仕事ってこういうことか…と感じた瞬間9選

  ▼1 きょう初めて行ったマッサージ屋のお姉さんに「ひょっとして翻訳 …

花のように可愛いフランス人の女の子が転校してきて嫉妬した女子のイジメからずっと守り続けた一人の男子。

  中学生のときにフランス人の女の子Aが転校してきた。 生まれはフラン …