〇〇話ちゃんねる

○○な話、動画、情報などを紹介します。

ある女子高生に生かされた俺の命の重み

   

 

いつからだろう

毎年7月18日、父は会社を休む。

母は美しい花を買って二人でどこかに出掛けるのだ。

どこへ行くんだと俺が尋ねても、ちょっとねとお茶を濁す。

そそくさと礼服に着替え、それはそれは不可思議な1日が毎年続いていた。

そんな俺ももう高校三年生。

なんとなく教師になりたいななどと夢を持っていたが家には金がない。

意地でも国公立に行けと親には言われてる。

しかし今日も希望校への判定はD。

むしゃくしゃしてリビングで父の煙草を一本拝借。

火を付けた瞬間に母が帰宅した。

最悪のタイミング・・・。

母は何も言わず、メモとペンをとりだしてサラサラと何かを書いている。

「ここへ行ってきなさい」

は?見たら見たこともない住所と名前。

「何で俺がこん…」

「いいから行ってきなさい!」

母のここまで取り乱した顔を見たのは後にも先にもこの時だけである。

なんだってんだよ…まぁいいか、どうせ勉強もはかどっていないし。

そんな軽い気持ちで俺は書いてある住所へ向かうため電車に乗った。

 

スポンサード リンク

 

前田裕子…聞いたこともない。母とどんな関係があるのだろう。

そこは小さなアパートだった。チャイムを鳴らすといくつくらいだろうか、なんせ母よりもいくらか年配の女性が飛び出してきた。

「慶太君!?大きくなったのね!」

親戚のおばさんかよ。

「前田裕子さんでしょうか、母から訪ねるよう言われたのですが」

「私は裕子の母親よ、裕子も喜ぶわ、上がってちょうだい」

「お邪魔します」

「裕子、慶太君だよ」

そこには…

仏壇と遺影があった

 

↓↓続きはPAGE 2へ↓↓

スポンサード リンク

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

おすすめ記事(広告を含む)

 - 感動

  関連記事

その場に立ち会えてよかった!一瞬で場の空気をやさしくした人たち7選

  ▼1 スタバで隣に座ってた男の人多分一時間前くらいからずっといたん …

最後の力を振り絞って瀕死の母猫が我が子の為にした事とは・・・

  Rの実家は猫好きな一家で、野良猫に餌をあげているうちに家中猫だらけ …

赤ちゃんがお腹の中にいた時の記憶『胎内記憶』を持つ子供たちには、ある共通点が…

    『胎内記憶』という言葉、聞いたことはありますか? 胎 …

独身の頃のように好きなだけヒールが履けるようになったら…私は泣くのでしょう

  独身の頃、ヒールの靴が好きだった。 お酒は苦手だったけれど、友達と …

おじいちゃんおばあちゃんのウルっとくるエピソード8選

  ▼1 「この世界の片隅に」を観に行ったらばご高齢の方で一杯だった。 …

父が失明するかも!?って時に、私のために真っ先に始めたこと→母からその話を聞いて涙が止まらなかった…。

  兄二人と年が離れて(9つ)生まれた私。 私が大人になってからは、マ …

【何度見てもやっぱりスゴイ!】今は亡き天才F1レーサー『アイルトン・セナ』の運転技術に脱帽!

    1994年5月1日、イモラ・サーキットでの事故で、亡 …

「涙が止まらなかった・・・」出川哲朗をけなした出演者に対して真剣な表情で放った明石家さんまの一言。

    芸歴31年、今なお第一線で活躍するリアクション芸人と …

結婚式の定番ソング中島みゆき『糸』。歌詞に示された本当の意味に感動!

  6月といえば、1年間で最も結婚式が挙げられる季節ですね! ジューン …

俺の家は貧乏だった。 運動会の日も授業参観の日さえも オカンは働きに行っていた…

    俺の家は貧乏だった。 運動会の日も授業参観の日さえも …