〇〇話ちゃんねる

○○な話、動画、情報などを紹介します。

*

カズが ”KING” と呼ばれる理由

   

スポンサーリンク

 

「サッカー少年」

 

一人の少年が進路希望欄に書いたのは、「ブラジル」。

ブラジルで、プロサッカー選手になることが、少年の夢だ
った。

担任の先生は、激怒して職員室から追い出した。

サッカー部の先生には、「99%無理」と言われた。

少年は、「1%あるんですね?なら、僕はその1%にかけます。」と答えた。

少年は、15歳でブラジルに旅立った。

ブラジルのユースチームで、こんなことがあった。

少年がサッカーの格好をしているだけで、周りの人間は彼を笑った。

サッカーが下手くそなのは、代名詞のように「日本人」だと言われた。

 

スポンサード リンク

 

だが、その少年は死に物狂いに練習を重ね、18歳でプロ契約を勝ち取った。

そして、ブラジルNo.1のサッカー雑誌の表示を飾った。

そして、青年は日本に帰国することを決意した。

次なる夢は、日本をワールドカップに連れて行くこと。

93年に開幕したJリーグ。

青年は、時代の寵児となった。

Jリーグの初代MVPは、青年の名前が刻まれた。

彼は、こう思っていた。

思い切りサッカーをして、30歳過ぎたら頂点で引退しようと。

94年のアメリカ・ワールドカップ予選、エースとして参加した青年だったが、ドーハの悲劇と呼ばれる、ロスタイムの
失点で、日本の初出場を逃した。

青年はその後、ワールドカップに行くための何かを掴むため、日本人で初めて、セリエAに移籍した。

そして、98年のフランス・ワールドカップ予選。

苦しみながら日本は、ワールドカップの出場を決めた。

気がつくと、彼は31歳になっていた。

彼のワールドカップ予選の総得点は、27になった。

だが、ワールドカップ本選の代表に、彼の名前は記されていなかった。

 

↓↓続きはPAGE 2へ↓↓

スポンサード リンク

PAGE 1 PAGE 2

おすすめ記事(広告を含む)

 - イイハナシダー

  関連記事

女子中学生グループが知的障害の男児に「寄るな!移るじゃん!」すると、それを見た6歳の息子が女子中学生の制服をいきなり引っ張り・・・

スポンサーリンク   その日は夕飯の買い物をしに近所のスーパーへ買い物 …

さりげない優しさってこうゆうことだと感じた心温まる瞬間7選

スポンサーリンク   ▼1 昔、知人の店をミッチーが気に入って通ってく …

甥っ子連れてコンビニに行って来た時、突き飛ばされた私に気づいた甥っ子が走って来て…

スポンサーリンク スポンサード リンク

思わず考えさせられる!?ある男性が離婚して、シングルファザーになって気付いた事とは?

スポンサーリンク     生涯一緒にいるつもりで結婚したとし …

これは惚れる!一瞬で心奪われたイケメンすぎるエピソード8選

スポンサーリンク   ▼1 高2の時に副担だったおじいちゃん先生は皆に …

犬と猫の殺処分をなくしたい!「ごめんね」と泣きながら骨を砕く女子高生たち

スポンサーリンク   青森県の女子高生たちが始めた 「いのちの花プロジ …

【イイハナシダー(´;∀;`)】母が台湾旅行に行ったのだが『お財布無くした・・。』と言ってショボンとしていたのだが、帰国から10日経ったある日・・

スポンサーリンク   オレじゃなくて、いやね、ウチの母親なんですよ。 …

じめじめ感も吹き飛ぶ!雨だからこそ生まれたエピソード10選

スポンサーリンク   ▼1 雨の日にだけ見せてくれる、街の表情がある。 …

その場に立ち会えてよかった!一瞬で場の空気をやさしくした人たち8選

スポンサーリンク   ▼1 スタバで隣に座ってた男の人多分一時間前くら …

俺「息子よ、大事な話がある。実はお前は養子なんだ」 息子「?知ってるけど?」 俺「え?」 息子「え?」

スポンサーリンク       息子は実は養子なんだ …